IoT Lab Blog

IoTに関わる色々な事


インテルが開発者向けイベント「IDF16 San Francisco」にて、新しい小型開発ボード「Joule」を発表したのでご紹介したいと思います。

intel-joule-1-2x1

GalileoとEdisonの後継にあたるモジュール

IntelではIoT機器を開発するためのハードウェアとして、2014年1月から「Galileo」を、2014年9月からGalileoをさらに小型化した「Edison」を販売していましたが、今回発表された「Joule」はこのGalileoとEdisonの後継にあたるモジュールです。
発表されたのは「Joule 570X」「Joule 550X」の2機種。
▼詳細

 Joule 570X Joule 550X
 SoC Atom T5700(1.7GHz) Atom T5500(1.5GHz)
 GPU Intel HD Graphics(4K対応)
 メモリ 4GB LPDDR4 3GB LPDDR4
 ストレージ 16GB eMMC 8GB eMMC
 無線機能 IEEE 802.11ac、Bluetooth 4.1
 インターフェイス USB 3.0、CSI/DSI、GPIO、I2C、UART

本体サイズ:48×24×5mm(幅×奥行き×高さ)

Krzanich_keynote-09

JouleCar_678x452

量産までの期間を短縮

従来、メーカーがIoT機器を開発する際に、コンセプト以降、デザインおよび通信ハードウェアの設計、OSレベルのコード開発、カスタムキャリアボードの開発、および各種認証を取得する必要がありました。しかし、Jouleを使えば、設計、製造、開発するだけでシステムに組み込むことができ、生産までの期間を短縮できます。

[参考サイト]
インテル

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。 万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

週間ランキング

アイデアクラウドについて

名古屋の制作会社・株式会社アイデアクラウドはWEB制作だけでなく、アプリ開発、ソーシャルメディア戦略、デジタルサイネージ、VR、プロジェクションマッピングなど、制作だけでは無く、PR、マーケティングの領域までWEBに関わる全ての事を戦略的にご提案する会社です。