IoT Lab Blog

IoTに関わる色々な事


イオン株式会社が8月1日〜11日の期間に、オンモール幕張新都心に隣接し、イオンモール株式会社が千葉市から管理の一部を委託されている豊砂公園の敷地内において、無人運転バス「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」を試験運転するのでご紹介したいと思います。

20160801aeonmakuhari

日本初導入の無人運転バス

「Robot Shuttle」は、「地域エコシステム」の柱の一つである「地域内の交通や移動の進化」の一環として実施するもので、EasyMile社開発の自動運転車両「EZ10」を利用した交通システムです。国内最初の事例として、イオンモール幕張新都心で「Robot Shuttle」サービスの試験導入がされました。
【「Robot Shuttle」試験運転概要】
・運行日時:
 8月1日(月)~8月11日(木)10:00~17:00
 *8月6日(土)は、花火大会のため運行は休止
 テスト走行の状況や、天候によっては、運行休止の可能性あり。
・場所:「豊砂公園」(千葉県美浜区美浜区豊砂1-12)
・利用料金:おとな200円、こども(小学生以下)100円
 ※2歳未満無料
・最大乗車人数;12人

d7505-745-657542-2

02

今後のRobot Shuttle

Robot Shuttleは現状、日本国内では私有地のみ走行可能なので、今後、各種交通機関、商業施設、テーマパーク、工場などで運用が想定されますね。11日まで運行しているので、興味のある方は体験してみてはいかがでしょうか。

[参考サイト]
イオンプレスリリース

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。 万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

週間ランキング

アイデアクラウドについて

名古屋の制作会社・株式会社アイデアクラウドはWEB制作だけでなく、アプリ開発、ソーシャルメディア戦略、デジタルサイネージ、VR、プロジェクションマッピングなど、制作だけでは無く、PR、マーケティングの領域までWEBに関わる全ての事を戦略的にご提案する会社です。